メディア掲載情報

朝日新聞『アスパラ ネクストエージ』2011年夏号

朝日新聞の会員誌『アスパラ ネクストエージ』2011年夏号で、東山紀之さんへのインタビュー『山形でプライベートでもまたゆきたいところは?』の質問に、九兵衛旅館とお答いただいています。
−プライベートでまたゆきたいところはありますか?
「ええ、鶴岡に、藤沢先生がお仕事をされる時にお使いになった旅館があるんです。ロケの合間に一泊しただけですけど、またいきたいですね」
宿は「九兵衛旅館」といい、女将の大滝澄子さんは作家が湯田川中学校の国語教師だった時の教え子だ。
「知ってます?山形はお米がおいしくて山の幸、海の幸に恵まれて、食料自給率が130%を超えるんですよ。旅館に泊まって蛍を見ながら日本海の岩牡蠣なんて、夏はこたえられないでしょう」

(朝日新聞『アスパラ ネクストエージ』2011年夏号より一部抜粋)

メディア掲載情報


新着トピックス

旬のお料理

冬〜初春の膳

期間:1月中旬〜2月
【冬〜初春の膳】ゆり根の和風ムース、前菜、お造り、寒鱈昆布〆と鼠ヶ関産紅海老の握り寿し、味噌バーニャカウダ、庄内浜黒ガレイ塩焼き、庄内豚のオリエンタル風煮込み、贅沢茶碗蒸し、鱈の子めし、寒鱈どんがら汁、漬物、デザート

詳しくはこちら

寒鱈の膳

期間:1月16日〜2月20日
※除外日:1/21・23・29、2/4・5・12・18
【寒鱈の膳】厳寒の日本海の荒波でもまれ、脂ののった寒鱈を味噌仕立ての鍋にして味わう「寒鱈汁」は庄内を代表する冬の名物料理。その他、数々の寒鱈料理をご賞味ください。

詳しくはこちら

鮟鱇の膳

期間:2月21日〜3月20日
※除外日:2/26、3/3・4・11・17
【鮟鱇の膳】あんこうは日本海でも漁獲量が多い魚で、冬が最も美味しい季節といわれています。九兵衛旅館で鮟鱇づくしをご堪能ください。

詳しくはこちら

九兵衛旅館 姉妹館

ページトップ

山形県湯田川温泉 九兵衛旅館 山形県鶴岡市湯田川乙19 TEL.0235-35-2777 FAX.0235-35-3444
湯田川温泉 開湯1300年

© kuheryokan.com | 山形県湯田川温泉 九兵衛旅館